よくあるお悩み

屋根からの雨漏りによる天井・軒先天井への雨染み(雨シミ)

天井や押入・壁等に雨染み(雨シミ)が付いている場合 雨漏りの可能性があります。また、外部 軒先天井に雨染み(雨シミ)が付いている場合なども同様です。こういう症状に気付いたら、早めに専門の屋根工事店にご相談下さい。最近 緩勾配のカラーベスト屋根の屋根塗装に起因する雨漏りも増加しています。

天井の雨染み(雨シミ)

モルタルの腐食

軒先天井への雨漏り跡/雨染み(雨しみ)

屋根の色あせ・さび・変色(カラーベスト・モニエル・セメント瓦・金属屋根)

屋根の色あせ・さびは、カラーベストコロニアル屋根・コンクリート瓦(モニエル瓦他)・セメント瓦・金属屋根の代表的なリフォーム信号です。化粧スレート瓦・モニエル瓦(コンクリート瓦)・セメント瓦・金属瓦等 塗装している瓦は、経年劣化で表面塗装が色あせします。築後10~15年程で本症状が、顕著になる場合が多いようです。築後20年以上経つ場合は、結露等で屋根下地(合板)・野地板が腐食していることも少なくありません。このような症状が発生したら、専門の屋根工事店にご相談下さい。

金属屋根(瓦棒)のさび

化粧スレート瓦の色あせ・カビ

モニエル瓦(コンクリート瓦)の色あせ

厚型スレート瓦

和型セメント瓦

変色した釉薬瓦

■塗装した屋根の色あせ(カラーベストコロニアル屋根・モニエル瓦・セメント瓦)

最近 外壁塗装とあわせて、屋根塗装コロニアル屋根・セメント瓦・モニエル瓦他)を実施するお宅が増えています。しかし、瓦・屋根材の劣化が著しく進行している場合(築後20年以上経過している場合等) 短期間で塗料がはがれる場合があります。また不適切な屋根塗装に起因する雨漏り等もございますので、ご留意下さい。

塗装した化粧スレート瓦(カラーベストコロニアル・フルベスト他)

塗装した化粧スレート瓦の塗料がはがれたケースです。このような場合 瓦をめくると、釘穴を越えて 雨水が逆流している事が少なくありません。塗装の際 瓦の重なり部分を縁切りしないと、塗料が防波堤の役割を果たし、雨漏りにつながりますので注意が必要です。

不適切な屋根塗装(カラーベストコロニアル)

屋根材の重なり部分を縁切りしていない、不適切な屋根塗装工事。カラーベスト軒裏に付着した塗料が防波堤の役割を果たし、排水機能が低下 結果として雨漏りにつながります。

不適切な屋根塗装が原因で、雨漏りしていたお宅の写真です。釘穴を越えて雨水が逆流した跡が残っていました。3寸勾配以下の屋根塗装には細心の注意が必要です!

塗装したコンクリート瓦(モニエル瓦)・アスファルトシングル屋根

塗装したコンクリート瓦の塗料がはがれたケースです。塗膜の劣化が著しい場合及び、塗装方法に問題がある場合は、塗装後2~3年程の短期間で、塗料がはがれる場合があります。

コンクリート瓦

コンクリート瓦

屋根漆喰(しっくい・シックイ)の変色・はがれ

屋根漆喰(しっくい)の変色・はがれは、瓦屋根の代表的なリフォーム信号です。雨水が当たる頻度・立地環境・棟部仕様・施工状態(瓦勾配の取り方他)・屋根漆喰(しっくい)施工方法等が影響します。最近、不適切な屋根漆喰(しっくい)工事に起因する、雨漏りのご相談も増えています。「屋根漆喰(しっくい)がはがれたから塗りましょう」といった安易な処置・不適切な工事は、時に恐ろしい副作用(=雨漏り)につながることがありますので、十分ご注意下さい。

屋根漆喰(しっくい)の変色(棟内部への雨水の侵入に起因)

棟内部への雨水の進入に起因し、屋根漆喰(しっくい)が変色したケースです。10~15年程度経過しています。本症状が進行すると、下記2項「屋根漆喰(しっくい)のはがれ」に至ります。

屋根漆喰(しっくい)のはがれ

棟部仕様(ノシ瓦積み段数)・施工状態(瓦勾配他)・シックイ施工方法等が大きく影響します。

屋根漆喰(しっくい)のはがれ(取合い・コンクリート瓦・S瓦・谷部)

取合い
隅蓋(スミブタ)
コンクリート瓦
S瓦

谷部への不適切な漆喰(しっくい)工事

屋根瓦のズレ(いぶし瓦/陶器瓦/S瓦/袖瓦/軒瓦/棟/ノシ瓦/鬼瓦/カラーベスト)

屋根は、その屋根材の施工方法や天災・立地環境(鉄道・幹線道路沿線等)などさまざまな影響により、瓦にズレが生じる場合があります。その程度がひどい場合 雨漏りにつながりますので注意が必要です。このような症状を発見した場合、お早めに専門の屋根工事店にご相談下さい。

桟瓦のズレ(いぶし瓦・釉薬瓦・S瓦・カラーベスト)

ケラバ部 袖瓦/軒先部 軒瓦のズレ(台風等の影響を最も受ける部分です

棟部ノシ瓦/水切ノシ/鬼瓦のズレ(地震の影響を大きく受ける部分です)

軒瓦のズレ(TVアンテナ/太陽光温水器の影響)

瓦の割れ・ヒビ

瓦の割れは、雨漏りに直結致しますので注意が必要です。定期的な屋根点検で早期発見も可能です。是非 専門の屋根工事店にご相談下さい。

■釘のさびによる瓦の割れ

瓦の緊結方法として、鉄釘(亜鉛メッキ)を使用した為 経年変化でさびが発生し、釘穴から瓦が割れたケースです。このようなケースは少なくありません。屋根材だけでなく、釘やビスといった材料にも注意を払いたいものです。現在 弊社ではステンレスビスを標準採用していますので安心です。

■TVアンテナ・ソーラーに起因する瓦の割れ

TVアンテナ・ソーラーに起因し、瓦が割れたケースです。機器の設置には十分注意が必要です。

センメト瓦・化粧スレート瓦の割れ・ヒビ

屋根材・瓦の凍害症状(和瓦/S瓦/セキスイU瓦)

寒冷地で見かけることが多い症状です。瓦内部で水分が凍結することにより発生する現象です。見えている部分だけでなく、瓦の裏側で同様の現象が発生していることもあります。放置すると雨漏りにつながりますので、注意が必要です。

いぶし瓦・陶器瓦 桟瓦の凍害

温水器水漏れに起因

いぶし瓦 棟部

S瓦

不適切なシックイ工事の影響をうけたケース

軽量波型スレート瓦の凍害

瓦屋根 谷樋・本谷のさび、銅製谷板の穴

カラー鉄板製の谷樋・本谷は、経年変化で老朽化し、さびが発生します。そのまま放置すると、腐食し穴があき、最終的に雨漏りに至ります。また、環境変化に伴う酸性雨の影響で、銅製の本谷・雨といに穴があくケースが増えています。一昔前迄 銅板の谷とい・雨といは一生ものと言われましたが、残念ながらそれは昔の話です。谷樋・本谷は雨が集まる所。本谷の穴に起因する雨漏りは、ひどい雨漏りにつながる場合が少なくありませんので、早めにご相談下さい。

谷板のさび
谷樋のさび
銅板谷板の穴
銅製谷といの穴
屋根リフォーム症状例 その他

棟(むね)瓦の緊結線が老朽化し、消失したケースです。緊結線に銅メッキされた鉄線が使用されていた為 このようになってしまいました。瓦の重みに頼る状態で、台風等による瓦の飛散が心配です。