施工事例

兵庫県猪名川町 瓦屋根葺替(軽量自在防災瓦)

兵庫県猪名川町に立地する、切妻/寄棟屋根の瓦屋根葺替工事。淡路産陶器瓦(土葺き工法)から、軽量自在防災瓦(碧南窯業)へ屋根葺き替え実施。最先端の耐震・耐風工法 縦桟ビス止め工法で施工しました。棟に鬼瓦/ノシ瓦を使用せず、7寸紐丸瓦伏せ仕様に変更。屋根重量を約50%軽量化できました。小屋裏換気対策に、換気棟アンダーベンツNを設置しました。

地域
兵庫県川辺郡猪名川町
屋根材

軽量自在防災瓦(碧南窯業)

換気棟アンダーベンツN

お客様からのご要望

雨漏りがしており、屋根材の劣化も進んでいました。できれば、耐震性(軽量)・耐久性・経済性も含め、どうすべきか、総合的に検討したいとのご意向でした。他社様より軽量ハイブリッド瓦、ガルバリュウム鋼板屋根材の提案を受けていたようです。

ご提案内容

施主様のご意向をベースに、専門の屋根工事店でしか知りえない情報も含め、さまざまな(軽量)屋根材の特長をご説明させて頂きました。最終的に、長期間耐久実績のある粘土瓦で、かつ軽量な「軽量自在防災瓦」をご採用頂きました。わざわざ弊社迄ご足労頂き、複数の屋根材をご覧頂きました。競合見積(数社)のようでしたが、ご成約頂けました。

お客様の声(施工後)

屋根材のメリットだけでなく、デメリット及び、工事を通してのリスクの説明がありがたかったと、お言葉を頂戴しました。