施工事例

屋根葺き替え(MS縦葺きアーバンライン:ガルバリュウム鋼板)京都府八幡市

◆京都府八幡市に立地する切妻セキスイU瓦+カラーベスト屋根からの屋根葺替工事。劣化したセキスイU瓦とカラーベスト屋根をめくり、縦葺きMSアーバンライン(ガルバリュウム鋼板屋根材)に葺き替えさせて頂きました。小屋裏換気対策に、金属屋根用換気部材 i-Roof(トーコー)を設置しました。既存屋根材を撤去することにより、腐食していた屋根下地の補修もで、ご安心頂きました。屋根下地合板増し張りの重量増を加味しても、屋根重量を約60%軽量化できました。

◆既設カラーベスト屋根の上に、セキスイU瓦をカバー工法(重ね葺き)する屋根リフォームをされていました。屋根上の歩行が困難なほど、セキスイU瓦が劣化し、凍害症状が発生していました。1F屋根の一部は、緩勾配だった為 アスファルトシングル屋根に葺き替えされていましたが、雨漏りが発生していました。

地域
京都府八幡市
屋根材

縦葺きMSアーバンライン(月星商事)

金属屋根用換気部材 i-Roof(トーコー)

お客様からのご要望

雨漏りをなおしてほしい。長期的な見地から、屋根をどのようにすれば良いか、複数 提案してほしい。

ご提案内容

緩勾配屋根だった為 屋根材で雨仕舞ができる、ガルバリュウム鋼板屋根材 縦葺きMSアーバンラインをご提案致しました。屋根下地の傷みも懸念された為 セキスイU瓦と、その下に施工されているカラーベストを共にめくって葺き替えする方法をお薦め致しました。

一部屋根下地が腐食していましたが、大工さんに部分補修してもらい、ご安心頂きました。カバー工法では屋根下地補修はできない為 屋根材をめくって良かったとご理解頂きました。